BIJAR ビジャー産・ペルシャ絨毯/No.188408

ビジャー Bijar

大阪・豊中市のギャッベ専門店

ビジャーはイラン西部にある小さなクルド人の町の名前です。クルド絨毯は頑丈で緻密に作られ、耐久性に非常に優れています。絨毯専門家たちは、ビジャーという名前を聞いたら、「鉄の絨毯」と呼ばれるように、耐久性を思い浮かべることでしょう。織職人たちは、金属と木で作られた重い櫛を使用し、パイル糸がちょうど良く直立するよう織り込んでいきます。これらの作業は、パイル糸の表面を非常に緻密にし、砂利やその他の小さい粒子が絨毯の中を通過するのを防ぎます。絨毯はトルコ結びで織られ、一般的にベージュ色の要素を持った赤と青色を主色としています。最も一般的な模様は、ヘラティ(または魚模様)と呼ばれたものですが、メダリオンや花のモチーフも見られます。ビジャーは、ザロニムサイズ(150×100 cm)から大きめのサイズまで製造されています。それらは非常にエレガントで、場所に限らず多くの環境にとても良く合います。その耐久性の強さは、特に公共環境に非常に適した絨毯とされています。


ペルシャ絨毯ペルシャ絨毯ペルシャ絨毯